*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます♪
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

毎年頑張って起きて、
初日の出を拝んでいます!
ナナも叩き起こされ眠そうです・・・



眠い~(+.+)(-.-)(__)..zzZZ


今年も凸凹コンビをよろしく
スポンサーサイト
2011年
そば神の年越しそば


今年は本当に色々なことがありました。
私にとっては、今までの人生の中で最も衝撃的な年だったかもしれません。

プレママとして期待と不安で迎えた今年、
父母に喜びを伝えた翌日に起こった東日本大震災、
ナナが倒れ、ナナとお腹の赤ちゃんを失うかもしれないという恐怖、
“絆”と“愛”を感じながら復興に向かった何ヶ月間、
そして、大変だった出産、赤ちゃんを抱いた感動
生活の変化にとまどいながらの子育てのスタート、
寝れないヘトヘトの何ヶ月、
でも、ちっちゃな喜びを積み重ねた毎日、
ドンドン母親になっていく自分、
こんなにいろんな事があっていいのか
ってぐらい目白押しでした

終わり良ければ全てよし、
素晴らしい一年だったと思います

来年もまた、ステキな毎日を積み重ねていけますように

一年間応援ありがとうございましたm(_ _)m
来年が皆さんにとっても、素晴らしい一年になりますように

「来年もよろしくです


震災の爪痕
6月26日(日)

この日、予定していたわけではないですが、
震災後初めて海辺まで行きました。
去年釣りにはまり、時々行った石巻を走ったのです。

震災から1ヶ月経たないうちに、仙台空港の方まで行ったことがありました。
流された家や車の様子もなまなましく、
その時はとてもではないですが、カメラを向ける気持ちにはなれませんでした。
でも、今は自分達の身近に怒った未曾有の悲劇を忘れてしまわないために、
記録を残すことも必要なのかと思います。

海が近付くにつれ、田んぼの中にまだ片付けられていない瓦礫や船があったり、
無惨に壊された家が残っていたりします。

塩害で使えない田んぼ

住宅街の瓦礫の山

石ノ森萬画館

石巻市の商店街

石巻の港

もうすぐ4ヶ月が経とうとしている今も、
このような状態の地域がまだまだあるという現実、
政治はあてにならないという不信感がぬぐえず、
子供たちの未来を不安に思ってしまうのもわかります。

「あの明るい美しい海をもう一度…」

やっぱり今の私は自分にできることを、
前に向かってひとつひとつやっていくしかないですね!
復興に向けて!
大きな余震で予定より遅れましたが、
4月12日にはうちの店は全店ガスが復旧し、営業を始める事ができました。

家の事情で出勤できない人もいましたが、
みんなの元気な顔がとても嬉しかったです。

ガスの開栓作業は、全国から救援隊が集まってくださっていたようです。
大阪ガスの方にも会いました(^^)
懐かしい大阪弁につい話し込んでしました♪
皆さんどの地域に派遣されるかは知らされず、運ばれて来たそうです!

「こないだの余震には合ったんですか?」
「無茶苦茶揺れたで~(+_+)もう帰ろかと思たわ!」
「いやや~、帰らんとってくださいよ~☆」

まだ物資も揃わず余震等の心配が残る被災地での長期滞在は、
本当に疲れることと思います。
でもそんな方々がいらっしゃるからこそ、
復興に向けて進んでいけるのですね!

全体を見れば、津波など大きな被害を受けた地域の方々の生活、
福島原発問題、解決されていないことが山積みです。
復興に向かい、復興景気が始まっていると思われる仙台でも、
もちろん倒産してしまった会社や店は数多く、
また、この復興景気がいつまで続くのか、わかりません。
政府に文句を言ったところで、その声が届いているとも思われず、
リーダー不在の日本がどうなっていくのか本当に不安で、
みんなが「自分達でなんとかしなくては!」
と思うしかないような状況です。
でも、何度も言いますが前に進んで行くしかなく、
元気を持てた人達が、頑張ろうとしても動けない人達を
引っ張っていくべきなのだと思います。

私自身そんな大きな事はできなくても、
自分にできる限りの事をやっていこうと思います。

私の東日本大震災での体験は、
皆さんにご心配をおかけしたほど大変なものではありませんでした。
ただ、まわりの方々の温かさへの感謝の気持ちと、
どんな困難がやってきても負けないぞという気持ちは、
忘れずにいたいと思います。

大好きだった海岸付近の現状は、今はまだお伝えする気分にはなれません。
というか、惨状を思うとまだ足を運ぶことができていません。

ただ、これからの仙台の宮城の東北の姿を、
今までのように記録していきたいと思います。

これからもよろしくお願い致しますm(__)m

5月27日の仙台駅です!
いつの間にかシートがはずされていました☆



そして、私もナナも元気いっぱいです♪
お腹の赤ちゃんもちょっと大きめに育っているようです(^_^;)
旦那さんはちょっと歯が痛そうですが…やっぱり元気(^^ゞ

ご安心くださいね(^-^)/
4月7日 大きな余震
久しぶりに大震災を振り返ります。

うちにガスが通ったことで、
街へのガスの復旧もすぐだろうと思っていましたが、
意外と時間がかかりました。
おそらくガス漏れの点検などに時間がかかるのと、
ガス管にダメージがある地域の復旧工事に時間を要したのでしょう。
待てど暮らせど、ガス復旧予定地に
店のある地域の名前が載りませんでした。

従業員の最低限の生活を守る目処が立っていましたが、
みんなも早く働きたくて仕方なかった事と思います。

4月1日、大家さんから電話があり、一店舗目のガス復旧予定の知らせが☆
大家さんもお商売をされていたので、とても嬉しそうでした!

朝からみんなソワソワしながらガス屋さんを待ってくれていました。

私がお店に着いた時には作業員の方が来られていて、
作業終了待ちの状態!そして開栓!
すぐに開店準備を始めました。
お店の開店と同時に、次々とお客様が入って来られました。
なんて嬉しい事でしょう)^o^(

この頃、もちろんガス待ちの飲食店が多く、
コンビニなども品薄の状態…
みんなが日常の生活を待ち望んでいました。

そして4月7日にウチではメインの店がガス開栓!
この時はちょっとしたトラブルがあり、
開栓できるかどうか、ギリギリまでわからなかったのですが、
作業員や業者の方々も本当に色々な試行錯誤してくださり、
夕方頃に開栓完了!
遅かったので、みんなが翌日の用意をしてくれて、
明日のオープンを待つばかりとなりました。
プライベートだけでなく会社も、色々方の協力があって
成り立っているのだと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そして、気持ちよく眠りにつこうとした時に、
あの大きな余震がありました(+_+)
かなり長く強く揺れました。

「ああ、また振り出しに戻ってしまう…」
この時は気持ちがへこたれそうになりました。
みんなの熱意も、周りの方々のご協力も、
全てが無駄になってしまうのではないか?

旦那さんはすぐに店の様子を見にでかけて行きました。
うちは停電もなかったので、私はナナとテレビを見ていましたが、
街中は色々な地域で停電が起こっているようでした。
新たに崩れた建物もあったようです。

旦那さんから電話があり、建物的には大丈夫だということ。
停電はあり得、ガスは確認できないとの事でした。

翌朝、開栓した2店舗はやはり停電していましたが、
比較的早い時間に復旧し、
時間は遅れたけれど、どちらも開店する事ができました。
お客様の「待ってたよ!」の言葉がどれだけ嬉しかったことか!

後から聞くと、この時の余震は色々な人の心を萎えさせたようです。

…津波の恐怖から、夜中なのに高台に避難し眠れなかった…
…せっかく元に戻したものが、また壊れてしまった…
…片付けた部屋がまたグチャグチャに…
…やっと冷凍品の販売を始められたのに、全部溶けてしまった…

復興に向けて一生懸命やってきた事が、
またこのような余震ひとつで全部が無駄になってしまうのか!
そんな気持ちになってしまうのでしょう。
でも、だからと言って手を足を止めてしまうわけにはいきません。
やはり前に進んで行くしかないのです。

↓↓は今日の一番町四丁目商店街です。
まだ、復旧工事中のビルもあります!

プロフィール

まーちゃん

  • Author:まーちゃん
  • ワンコのなな子は
    東北生まれの東北育ち・・・
    笑顔のかわいい
    ゴールデンレトリバーです♥
    飼い主まーちゃんは
    蕎麦好きの関西人。。。
    毎日ドタバタ
    楽しんでます♪
     
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

お蕎麦屋さんマップ♪
ブログで紹介したお蕎麦屋さん
(うどん屋さん等含む)を
Googleマップでご覧ください!
青文字をクリックで大きくなります☆
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。